終わってみれば白鵬優勝。高安だけが輝いたか5月場所。

大相撲5月場所が終わりました。
大盛り上がりを見せた3月場所と違い、5月場所は何時も間にやら始まって、気が付けば終わっていた、という感じがします(私だけでしょうか?)

新しい4横綱時代と言われながら、が休場で3横綱でスタート。期待の稀勢の里は、やはり先場所のケガは完治とは程遠い状態だったようで、前半戦で休場となってしましました。

001.gif
出展:日本大相撲協協会ホームページ

ベテラン大横綱である白鵬が横綱の責任を果たし、全勝で幕の内最高優勝を勝ち取りましたが、2横綱を欠いた中ですしねぇ。実際、解説の舞の海さんも話していましたが、全焼した白鵬ですが、やはりかつてほどの圧倒的な強さとは程遠いようでしたし。


そんな中で、存在感を示していたのは、関脇高安関でした。
同部屋の横綱稀勢の里が途中休場する中、大関昇進のノルマである10勝を超え、11勝を挙げて大関昇進を確実にしたのは見事でした。

002.jpg
出展:日本大相撲協協会ホームページ

高安関は現在27歳。恐らく力士としては、脂が乗りきってきた時期でしょう。もともとその地力はずば抜けており、この勢いでもう一つ上も目指してほしいところです。部屋には、全力士のお手本というべき、苦労人横綱の稀勢の里関もいることですしね!


ところで、5月場所は15日間の懸賞総数が2153本となり、
過去最高だった2015年秋場所の1979本の記録を更新した模様です。

ちなみに懸賞金1本が6万円。そのうち5000円が相撲協会の事務経費として徴収され、さらに25000円が力士本人の納税充当金として処理され、納税金額確定後の差額は、引退時に本人に還付されるそうです。
つまり、あの懸賞袋には、とりあえずまるまるもらえるお金が、一袋あたり3万円入っているというわけです。いやぁ、ごっつぁんです。

賞金の申し込みは場所前に行うのでしょうから、稀勢の里目当てに申し込みされていたはずの懸賞金は、他の取り組みへ回されたことになって、予定外の臨時収入を得た力士が多かったのではないでしょうか(笑)。


次は7月の名古屋場所。
稀勢の里関が順調に回復されますように。
高安関が、好調を維持できますように。
つぎこそは4横綱揃い踏みで、大いに盛り上がってほしいものです!


よろしくお願いします!


あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?





スポンサーサイト

やはり書いておきたい、村田選手は勝っていたぞ!WBA世界ミドル級タイトルマッチ

すでに多くの方がネット上で書かれているので、今更の感は強いのですが、やはり書かずにはいられない。5月20日行われたボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦(有明コロシアム)で村田諒太(31)=帝拳=がアッサン・エンダム(33)=フランスの試合、のことです。

私は家族の「バラエティ番組を観たい」という意見を押し切り、リアルタイムでその試合をTV観戦していました。

試合の流れのことは、詳しくは書きません。
ただ村田選手は4回に、右ストレートでエンダムからダウンを奪っています。
その他の回も、手数こそ少ないけれど、有効打という点ではエンダムを圧倒していました。

0101.jpg
出展 デイリースポーツ/神戸新聞社

試合を観終わり、惜しくもKO勝ちは逃したけれど、これは3-0の圧勝で村田選手の勝ちだ、と確信しました。ところが、あの判定です。

当の村田選手も、自身の勝利を確信していたと思います。だから最初のジャッジがエンダム優勢となったとき、「えっ!」という顔になりました。当然です。
次のジャッジが村田選手の優勢。そして最後のジャッジがエンダム優勢でエンダムの勝利となったとき、村田選手は茫然となっておりました。

会場は異様な空気に包まれていました。
低いうなりのような音声が会場中に充満していました。観客たちが発する、不可解なジャッジへの不満の声が重なり合ったものだと思います。

プロレス会場だったら暴動が起きますよ、こんなクソ判定!

その後のニュースによると、WBOの特別ルールに村田は負けた、ということになっていました。手数に勝るバンダムが有利、という事だそうです。

この事について、日本ボクシング界の生けるレジェンド 長谷川穂積さんは、ネット上【長谷川穂積の拳心論】で次のように述べられていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「勝負に勝ち、試合にも勝ったと思う。ただ、WBAの“特別採点ルール”に負けた。それが村田君の試合の印象だ。僕はテレビ観戦だったが、前に出る選手より、下がりながらでも手を出している方にポイントがついていた」

「極端に言えば、距離をとりながらシャドーをしていても勝つことがあるということだ。これは他3団体とは違う。僕自身も選手だったらどう戦えばいいかわからない。これがWBAだと考えるしかない」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

試合翌日、WBA会長のヒルベルト・メンドーサJr.が、これはさすがにまずいと思ったのか、「不可解な判定を詫び、両者の再戦を要求する」というコメントを発表しました。その中で、自身の採点表なるものを示し、117-110で村田選手が勝っていた、と主張しています。

そんなことしても、ただの言い訳。
逆に、「悪いのは当日の審判たちで、私はこのとおりちゃんと評価していたのです」みたいな責任のがれ発言にしか思えない。

こうなったら、さっさとその再試合の日程を発表して頂き、他団体のように各回の採点表を随時明らかにする公平なルールのもと、誰もが納得できる判定をしていただきたいと思います。

村田選手には、こんなクソ判定など気にすることなく、再試合で本当の結果を出してください、とエールを送りたいと思います。


よろしくお願いします!


これがホントのプロレス総選挙2017

雑誌Numberが主催する、「これがホントのプロレス総選挙2017」が行われています。

先日、テレビ朝日系のTV番組でも「史上初!現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」が行われました。
「史上初! プロレス総選挙」観ましたよー!
これは、現役選手に限ってはおらず、かつてのスタープロレスラーの方々がランクインされ、古いプロレス者の私には親しみの湧く内容でした。

しかし、今やっている総選挙の方は、投票対象が現役選手限定とされています。

「日本のリングで闘ったことのあるすべての現役レスラー」の中から「これだ!」という選手を選び、インターネット上のサイトから投票するというかたちです。だから、サイトを見ることができる人なら、誰でも投票できるということですね。

0012.png
出展:Number これがホントのプロレス総選挙2017 サイト

投票サイトのボタンをクリック(あるいはタップ)すれば、投票用紙(紙ではないけど)が表示されます。そこに、自分が思う2017年現在最高と思う選手の名前(必須)、2位、3位の選手の名(任意)と選考理由(任意)を書き込みます。

その他に、この投票用紙には名前(ニックネーム可)、性別、住んでいる都道府県名、メールアドレス記入欄があって、これらすべてが必須記入項目となっています。まあ、仕方がないとはいえ、リスト集め目的の商売っ気まるだしで、ちょっと引きます。

この総選挙で1位になったプロレスラーは、Number夏のプロレス特集号の表紙を飾り、上位10位までに入った選手は必ず紙面に掲載される、という事になります。

古いプロレス者の私は、いま旬の選手のことがよくわかりません。
現時点(5/13)での中間発表によると

1位 内藤哲也 
2位 棚橋弘至 
3位 オカダ・カズチカ
4位 ケニー・オメガ 
5位 中邑真輔 

となっていました。

2位から5位の選手の名は知っていたのですが、
現在1位の、内藤哲也選手 を知りませんでした。

そこで、困ったときのYouTube。
ありました、内藤哲也VSケニー・オメガ

00000.png
YouTubeの動画をキャプチャーしました。

試合観てぶっ飛びましたよ!
あまりにも凄い試合だったもので。
そこまでやるか、というぐらいの高度な技の応酬。
危険度MAXです。

まあ、観ている方は目まぐるしい技の攻防に大興奮ですが、
やっている選手は大変ですよ、あれは。

最近、リング上でのケガが目立っていますが、
こんなことやっていたら当然か、と思ってしまいます。

でも、選手としては、プライドをかけたパフォーマンスでしょうが。
古いプロレス者としては、ケガのないように祈るばかりです。

とりあえず、なぜ内藤哲也選手が現時点1位なのか、納得できました。
ケニー・オメガ選手も技が切れる上、けっこう残酷でした。 


うわさ通り、今、新日本プロレスが熱いようです。

「プロレス総選挙」へのリンクを貼っておきます。
ご興味がありましたら、どうぞ!
なお、投票の締め切りは、2017年5月31日です。
➡これがホントのプロレス総選挙2017


よろしくお願いします!


【医療機器】ライフアッププロ





極真会館の選手が、全空連ナショナルチーム入り!

まず、今日のタイトルですが、空手に興味がない人には、何のことやら?ですね。
でも、ことは2020年東京オリンピックに関わる話題です。

極真会館をご存じない方のために簡単に説明すると、
故 大山倍達という戦後最強ともいわれる空手家が立ち上げた空手団体です。

一般的な競技空手が、突き・蹴りを相手の身体の寸前で止める「寸止め」といわれるルールで試合をするのに対し、直接相手を打撃する(拳による顔面攻撃は禁止)という、過激な「フルコンタクト」ルールを採用しています。

大山倍達という空手家については、以前熱く語っていますので、ご興味があれば、ぜひ!
➡憧れの極真空手 リアルヒーロー大山倍達

ここで、4/26付の「イーファイト」の記事を一部引用させていただきます。
----------------------------------------------------------------------------------------
極真の髙橋祐太、上田幹雄が
全空連ナショナルチーム入り


2020年、東京五輪の追加種目として採用された空手。この空手は世界空手連盟(全日本空手道連盟=全空連もメンバー)のルールで行われる。

相手にダメージを与えないようコントロールした突き蹴りを入れてポイント数を競う。瞬間的に片手で掴んでの倒しや足払い後の突きもポイントとして認められる。

東京五輪に日本代表となるには各大会で活躍するか、強化選手選考会に合格するなどして、ナショナルチーム(全日本強化選手)に入ることが、まず条件となる。


今年4月1?2日に開催された全日本強化選手選考会に昨年、全空連に友好団体として加入した直接打撃性、フルコンタクトルールの極真会館(松井章奎館長)から、2014年第31回全日本軽重量級王者の高橋佑汰(24)と2015年第11回全世界選手権6位の上田幹雄(21)が初参加。普段とは異なるルールの組手に挑戦し、1ポイントも奪えなかったものの、この五輪ルールに「初めてとしては良く出来た」と審査側から声が上がった。

012.png
得意の蹴りで攻めた上田(右)だったが、ポイントに至らず 出展:イーファイト
-----------------------------------------------------------------------------------------

「1970年代半ばから少年マガジンに連載が始まった、大山倍達の伝記劇画「空手バカ一代」が人気を呼び、極真空手が大ブームとなりました。
その劇画の中で、大山倍達は、他流派の寸止め空手を「ダンス空手」と揶揄し、それに対し自流を「ケンカ空手」と称し、その強さを主張していました。
また、自著の中では「前空連」に対する批判めいたことも書かれていたと記憶しています。

当時の多くの少年たち(私もです)は、それらにすっかり洗脳され、
極真にあらずんば空手にあらず」みたいな風潮になっていました。
(これは、後に誤解だと知ります。寸止めルールで試合をする流派でも、地稽古と呼ばれる直接打撃の稽古もし、一流選手は実際に恐ろしく強い、という事です)

こういった時代を知るものにとって、「寸止め」の全空連と、あの「フルコン」極真空手が融和するということ自体が大事件なのです。しかも極真側から、あれほど嫌っていた「寸止めルール」での試合に参加するというのですから。

この状況を、古くからの空手ファンである私としては、素晴らしいことだと素直に感激しております。これも、空手がオリンピックの正式種目になったからこそです。
オリンピックという目標を得た空手界は、いま一致団結の時を迎えたのです。

空手の故郷沖縄でも、「空手会館」が出来たり、空手関係の大掛かりなイベントも増えてきているようです。古流の技術の、競技への応用などの研究も盛んと聞きます。

2020年東京オリンピックに向けて、 空手が、柔道に負けない「武道競技スポーツ」として、益々発展していくことに期待したいと思います。



よろしくお願いします!

藤波辰爾 デビュー45周年記念ツアー 始まる!

プロレスラー藤波辰爾のデビュー45周年ツアーが始まっています。

さてその藤波選手ですが、先日テレビ朝日系で放送された、
「史上初!現役・OBプロレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」では
なんと20位以内にランクインしていませんでした。

プロレス総選挙ついてはこちらにも書いています。

この結果というのは、私のような古いプロレス者にとって、あまりにも意外でした。
1978年、海外武者修行を終え凱旋帰国、ドラゴン藤波として新日本プロレスのマットに再登場したときの人気はすさまじく、一時的にはアントニオ猪木を上回っていました。
その後も、新日本プロレスの看板選手として活躍し続けたのに、何ででしょ?

藤波選手は、中学を卒業してすぐにプロレスの世界に入り、新日本プロレスには創設から参加、1999年から5年間は新日本プロレスの社長を務めています。

その間、長州力や前田日明との抗争や、猪木越えの飛竜革命なんかもやって、ずいぶん活躍はしていたのですが、新日本プロレスという会社を愛するがゆえ、保守的な立場になってしまい、結局は羽目を外す相手選手を、引き立てる役に回ってしまっていた感はありますね。
きっと人がいいんだろうな。

その後、2004年からの副会長を経て、2006年に旗揚げから34年間看板を守り続けてきた、新日本プロレスを退団されています。やんちゃなオーナーであったアントニオ猪木に振り回され続けたあげくの、苦渋の決断だったようです。

4月20日(木)、後楽園ホールで行われた
「DRDITION 2017 藤波辰爾デビュー45周年ツアーin TOKYO」は、
藤波選手が新日本プロレスを退団後創設した「ドラディション」の興行。
観衆は2473人。超満員札止めです。

参加選手を見ると、藤原喜明、ザ・グレート・カブキ、大谷晋二郎、高山善廣などが名を連ねています。オールドオールスターですね。
藤波選手の息子LEONA選手も第二試合、シングルマッチに出場。
逆さ押さえ込みで勝っています。

藤波選手は、メインエベントで、6人タッグマッチ 60分1本勝負に出場。
藤波辰爾、長州力、越中詩郎  VS ビッグバン・ベイダー、武藤敬司、AKIRA です。
試合の展開は割愛しますが、最後は主役 藤波選手が、一番格下のAKIRA選手にドラゴンスリーパーを決めギブアップ勝ち。古いプロレス者ならだれでも予想が付いた、お約束の試合結果です。それでも試合会場は、大声援に包まれたに違いありません、絶対!

メインエベント終了後は、藤波選手のデビュー45周年記念セレモニーです。
前田日明、木村健吾といった面々がスーツ姿でリングにあがり、祝辞を述べられました。

続いて、アントニオ猪木が入場。
「元気ですかー!元気があれば何でもできる!」からの名調子で挨拶です。
そして、主役の藤波選手が挨拶をして、最後にアントニオ猪木に締めの気合を求めます。
さあ、お決まりの例のやつです。

「ご唱和お願いします。行くぞ!1、2、3、ダー!」

02.jpg
出展 バトル・ニュース

話は前後しますが、この6人タッグマッチに参加した、ビッグバン・ベイダーは、藤波選手が新日時代の因縁の選手であり、最高の好敵手の一人でした(長くなるので内容は割愛)。

そのベイダーが、アントニオ猪木が入場している最中に、リング上で昏倒しています。来日前より心疾患で体調が心配されていたのですが・・・。

その後のベイダーのニュースが出ていないので、気になっていたのですが、ドラシオンのホームページを見てみると、4月22日(土)博多スターレーンでの大会に出場、メインエベント 6人タッグマッチで藤波組と対戦し、ベイダー組は敗れています。
でも、元気に試合できていて、よかった!

この日の6人タッグマッチのメンバーは
藤波辰爾、越中詩郎、金本浩  VS ビッグバン・ベイダー、藤原喜明、佐野巧真
新日本プロレス同窓会状態 \(^o^)/

藤波辰爾は、またしてもドラゴンスリーパーを決めて、佐野巧真がギブアップ。
昭和プロレスは不滅なのです!




よろしくお願いします!

プロフィール

うめむす

Author:うめむす
太極拳マスターを目指す、格闘技・武道大好き中高年です。座右の銘は Don't think feel.
大好きなこのジャンルで、思いつくまま好き勝手に語ります!

最新記事

アクセスランキング

おいでや数 (アクセスカウンター)

スポンサード・リンク